utsurogi

空木(うつろぎ=中が空っぽ)ながら、多岐多様に詰め込んで勝手なことを吐き出して…。

記憶

立ち上がっては倒れ、立ち上がっては倒れ、その足もとはおぼつかないかもしれない。けれども、立ち上がったことは、一生忘れることのない、かけがえのない記憶となる。(『ガンディー 魂の言葉』)

 

“かけがえのない記憶”になるのは、最終的に成功or実現した人だけでしょう。
そうでない人にとっては、“苦しく、辛く、虚しい記憶”だけかと。

それとも、単にまだまだ人間できてないだけ?
私のように…。

 

前から読みたい本もう一冊。

 

ガンディー 魂の言葉

ガンディー 魂の言葉

 

 

 

 

広告を非表示にする