utsurogi

空木(うつろぎ=中が空っぽ)ながら、多岐多様に詰め込んで勝手なことを吐き出して…。

老人

 老人というか、ウチの親の話だが。

 

 なんであんなにバカなんだろう。

 もっと物を考えようよ。

 同じ用途の物を、素材、大きさ、数量等を変えてわざわざ買ってきているのに、それが「なぜか?」と考えることすらしない。不思議。

 というか、私は絶対に渡す際に説明したはず。

 なのに、自分の判断で行動して、挙句の果てに見当違いの理由で困っている。

 バカか…。

 そのくせ、自分でそれを解決しようと、理由や対策を考えようとせず、一人で鬱々と困っている体(テイ)を見せる。弱者ぶるというか…。

 いつもそんな感じ。そういう下心が見え透いた行動を取るところが、素直、正直さのかけらもなく、人(この場合、私)への依存心満々、依存心全開の態度が逆に鬱陶しくすら感じてきて、内心苛立ってきてしまう。

 だから、そういう自分の感情は極力抑えて、正しい使用方法を再度説明し、必要と彼女が感じているものを次に買ってくるということを示し、漸くウジウジ状態を止めさせる。

 どんだけ手間かかんねん。

 歳を取ると余計な金がかかる、世話をかける、いろんな病気、ケガをしやすくなったりしてなんだか情けない・・・・・等々の嘆きのようなことを頻繁に口にする。

 そんな分かりきったこと、誰も避けようが無い、仕方のないことを、さも自分を可哀そうがって、そして、他者(この場合、私)に申し訳なさそうに、いちいち言わなくてもいい。却って相手をするのが面倒臭い。そんな当たり前のことに。

 

 とりあえず、彼女の性格なんだろうけれど、自分はこれだけ大変な状況なんだ、こんなに可哀そうなんだ、こんなに困っているけれど、悶々と一見誰にも頼らず、安易に病院にも行かず、一人で耐えているんだ、というような姿を、実はアピールし、満足するというか、そういう自分の人間性、境遇、状況に浸って、内心、悦にいっている、という風な部分が、あざといというか、わざとらしくて、この考えるのも行動するのもストレートな私にとっては、もう本当にどうにかして欲しい、陰鬱な性格の人である。

 

 もっとねぇ、自分で考えて、堅実に賢明に行動してみようよ。

 103歳だの97歳だのの女性が本を出して、生き生き?と生きているのは、きっと彼女たちが自分でさまざまなことをきちっと考えて、日々行動しているからだと思うよ。人に必要以上に依存せず、自分の頭で考え、もっと適切に行動してみようよ。

 

 

 と、声に出して言うと、もっともっと捻くれそうなので、今は特に言いたくても言えない親への愚痴をここで書いて発散してみる。

 

 ま、現時点、ボケてないだけ、私は幸せなのかもしれないけれど。

 

 どうぞ、元気で。

 

 

<7/6 追記>

 うじうじ態度もイラッとくるのだが、そういう態度を取ることで、私に関心をもたせるようにし、声をかけさせ、話題に出させて、そして、自分の要望を達成しようとする。そういう方法をあの方は取る。いつも。大抵。

 その魂胆がぶっちゃけ気に入らない、というか好きじゃない。

 なんで“フッツーに”「これこれこーなっていて、こーだから、こーしたほうがいいと思う。だからこーしてもらえないかな?」とか、自分の口で“フッツーに”話を出来ないのだろう。なんで、わけのわからない、謎の、奇妙な、うじうじ態度を取って、私に話しを切り出させようとするのか…。不思議極まりない。面倒臭い性格。

 時々、そういう鬱陶しい魂胆がすぐに分かるので、あえて、話題にせず、又は話題をずらし、自分からちゃんと言い出すまで放置することがあるが、それでも尚且つ、彼女はその核心部分についてはわざと言わず、その周辺の事柄について必死に話を続けるという、これまたイライラ増殖戦略を取ってくることがある。

 謎としかいいようがない戦略。なんで「A」という物事を「A」と言わず、「Bの一つ前」とか「アルファベットの一番最初」とか「“Apple”に含まれるアルファベット」とかいう感じの話しかできないんだろうねぇ。100%理解できない。

 親ではなく、友達とかだったら絶対に距離を置きたいタイプの人間である、私にとっては。もっと素直に、もっと普通に喋ろうよ、とぶつけたくなるような。

 

 

 ま、しかし、紛れもない親であり、現在の同居人であるからして、無碍にすることはできないわけで、今日、私は、彼女がうじうじ演技で要望してきた品物を買って帰ってあげる予定である。

 

 もう、二度とこちらから気を回して、「どうしたの?」と子どもに尋ねてあげるようなことをしなくて済むように。

 

f:id:utsurogi:20150706044427j:plain

 

 

広告を非表示にする