utsurogi

空木(うつろぎ=中が空っぽ)ながら、多岐多様に詰め込んで勝手なことを吐き出して…。

+1、-1

 今年も一つ歳を取り、終わりの歳までの期間が一年減った。

 特に何という感慨も無く、ふと衝いて出る言葉は「疲れた…」くらい。

 相変わらず先のあやふやな理想しか宣うことができない人。

 後何年、実のない時間を浪費させれば気が済むのだろう。

 私のウン十年という時間はナンだったのだろう。

 馬鹿馬鹿しい。考えれば考えるほど愚かしい。

 どちらにしても、まだまだ言い足りないくらい言葉は積もっている。

 もう先も長くないし、もうどうでもいいけれど、

 言うことは言ってスッキリしてから終わらせたい。

 大事なウン十年を本当の無為な時間にさせないために。

 

 いや、ホント、いい加減にしてもらいたい。

 

f:id:utsurogi:20141124101052j:plain

photo credit: caese via photopin cc

 

広告を非表示にする