utsurogi

空木(うつろぎ=中が空っぽ)ながら、多岐多様に詰め込んで勝手なことを吐き出して…。

離れたい

あーもう、本当に一人で暮らしたい。

色々事情があって仕方なくまた同居をしているけれど、元々人“十倍”独立心の強いこの私が親と言えども誰かと同居していて、ほとんど自分の時間、スペースを持てない状況というのをいつまで堪えることができるのか…。

 

大きな声でテレビの出演者に向って悪態のつき放題。

その負の言葉を聞くだけで、げんなり、うんざり、不快な気持ちになる。

私は静かに、または自分の好きな音楽を流しながら、落ち着いて自分のしたいことをしていたい。

ただそれだけでいいのだ…。

 

ある占いによると、私は元々家族からはみだして生きていく運の持ち主らしい。

全くその通りである。

そして、はみだして生きた方が運も開けるらしい。

全くその通りである。

全くいいことなんてありゃしない。

あぁ、本当に、一秒でも早く、一人になりたい。

単純な収入額でいけば、別々に住むくらいはできる。

でもその額の殆どは返済に消えていくため、一人分(一家庭分)の家賃しか払えない。

だから同居するしかない。今は…。

あー、解放されたい。

一人になりたい。

世の中にはニート(ちょっと意味合いが違うけれど、昔はパラサイトシングルとかもあったな…)とか言って、親と同居させてもらって生活している人がいるようだが、私はさっさと独立したくて、その準備をして、そういう人生計画を立て、実行していたりもしたが、まぁ、色々あって、今のこのザマである。

と言っても、別に親に食べさせてもらっているわけではなく、私の方が“扶養度”は高いと思うけれど…。

 

少ない貴重な休みもろくに休みにならない。

また同居するようになってからずっと思ってきた。

本当に、何とかして一人になりたい。

私には彼女の性格は受容し難い。

あぁ、こんな年だ。

やっぱり、今年も…。

でも、微かな期待…。

2月3日の節分…。

 

切願。

広告を非表示にする